【発達障害Q&A】子どものしつけはできる?学校に伝えた方がいい?

発達障害Q&A 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「自閉症でしつけをするは無理ですか?いつ頃から、どう教えていけばいいのかわかりません。」「もうすぐ小学校に上がるのですが担任の先生に発達障害のことは伝えたほうがいいのでしょうか?」そんな、子どもの発達障害に関する疑問にお答えします。

発達障害でしつけするのは無理ですか?

4歳の男の子です。3歳児検診で異常と指摘され、自閉症と診断されました。まだ、ことばもあまり出ず、私の言うことも理解できていないようです。自分の身のまわりのことだけでも、他の子どもたちと同じようにできるようにしてあげたいのですが、自閉症でしつけをするは無理ですか?いつ頃から、どう教えていけばいいのかわかりません。

自閉症だからしつけができないことはありません

自閉症だからといって、しつけができなわけではありません。
生きていくうえで必要なことは、当然、教えていかなければいけません。
だからといって、何歳になったからこれを教えないといけないと杓子定規のような考え方をするのではなく、子どもの様子を観察しながら出来そうなことから少しずつ始めていけばいいのです。
たとえば、着替えを自分でできるようにしてあげるには、最初はボタンなどがついていない脱ぎ着しやすいものを用意し、どういう手順で行うのか、脱いだものはどこに置けばいいのかなどを、ひとつづつ丁寧に具体的に教えてあげます。
子どもに、なかなかことばや動作での情報が入りにくい状況のときは、絵やマーク、写真などを用意して順序を示してあげるとわかりやすいです。ひとつのことができるようになったら、しっかりとほめてあげましょう。

その子にあったペースでできることが増えていけばいいのですから、他の子どもと比べずに、その子の以前と比較してあげましょう。そうすれば、ほめることがもっと増えるはずです。

【こちらの記事も参考にしてみてください】
→ 子どもの自閉症の症状と成長に合わせた対処法

入学したら先生に発達障害があることを伝えたほうがいいですか?

6歳のADHD(注意欠陥多動性障害)の男子です。とにかく落ち着きがなくガサガサと動き回り、しょっちゅうお友達とトラブルを起こしています。もうすぐ小学校に上がるのですが、こんな調子だったと思うと、正直、今から憂鬱です。ADHDの子どもが学級崩壊を引き起こすという話も聞いたことがあります。小学校に入学したら、担任の先生に発達障害のことは伝えたほうがいいのでしょうか?

誤解されないためにも発達障害ということを伝えましょう

子どもが誤解されないように、現状を説明したほうがいいでしょう。
ADHDの症状は特に、新しい環境や不慣れな状況で出やすいの、入学当初はトラブルが続出する可能性があります。もしも、担任の先生がADHDを理解されていない場合は、担任だけでなく、スクールカウンセラーや保健の先生、特別支援学級の担当者にも相談しましょう。
あらかじめ、子どもがもっている発達障害の特性を話ししておくことで、その子に合わせた対応を心がけてくれるはずですし、学校の先生と連携して一貫した指導ができれば、子どもにとって大きなプラスになります。
ちなみに、ADHDの子どもがクラスにいるからといって、それがすぐに学級崩壊に結びつくことはありません。さまざまな問題が複雑に絡みあって授業が成り立たなくなるのですから、あまり気にしないようにしてください。ほかの子どもの保護者に誤解されて、余計な衝突を招かないように先生にも対応してもらうとよいでしょう。

【こちらの記事も参考にしてみてください】
→ 子どものADHDの症状と成長に合わせた対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る