日常生活の発達障害を理解して治療できるように

増ている発達障害という診断

現在、全国の公立小学校で発達障害により「通級指導」を受けるている子どもは9万人以上。また、発達障害は子どもだけではなく、大人になってからLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、高機能自閉症(アスペルガー症候群を含む)、広汎性発達障害などと診断される方が増えてきました。

その背景には、発達障害の診断概念がどんどんと広がり、「ちょっと変わった子」や「落ち着きのない子」と言われていた層が、すぐに発達障害として診断されてしまう時代になってしまったから。また、大人の場合は、「コミュニケーションがうまくとれない」「仕事でのミスが多い」など、社会生活にうまく適合できないことで、「自分は発達障害かもしれない」という疑問にたどりつき、診察を受け診断される人が増えています。

人口調査によると、子どもの20人に1人、成人の40人に1人に、発達障害であるADHD(注意欠陥多動性障害)が生じることが示されています。
子どもや、自分自身がもしかしたらと不安になったり悩み込む前に、発達障害のことを理解しましょう。

最新記事

大人のADHDに悩む人が上手に生活するために必要な5つの課題!

2017-11-14ADHD, 大人の発達障害
投稿者:ADHDアドバイザー 真中ゆみこ

一生懸命やっているのに、仕事や家事や育児などの日常生活が、うまくいかない。そんな、大人のADHDに悩む人が増えています。ADHDだから自分はダメなんだと思わずに、あなたに合った目標を立ててチャレンジしてみましょう。ADHDがうまく生活するために必要な5つの課題!これを意識するだけであなたの日常生活に変化が!

続きを読む

仕事ができない人はADHDという障害かも?特徴や対処法!

2017-11-10ADHD, 大人の発達障害
投稿者:ADHDアドバイザー 真中ゆみこ

会社に仕事ができない人はいませんか?「遅刻が多い」「言ったことをすぐに忘れる」「いくら注意してもなおらない」もしかしたら、ADHD(注意欠陥多動性障害)という障害かもしれません。ADHDがどういった障害なのかを周囲が理解してあげることが一番の改善策です。

続きを読む

子どもの発達障害とワーキングメモリの関係!ADHDに有効!?

2017-11-09ワーキングメモリ, 子どもの発達障害
投稿者:ADHDアドバイザー 真中ゆみこ

子どもの発達障害に脳のワーキングメモリが大きく影響していると考えられています。もしかしたら、ワーキングメモリが子どもの発達障害の改善につながるかもしれません。ADHDにも有効?と言われる、その関係性とは?

続きを読む

大人の発達障害(ADHD・ASD・LD)の原因

2017-11-09大人の発達障害
投稿者:ADHDアドバイザー 真中ゆみこ

発達障害は子どもだけの問題ではありません。知的発達には問題のない大人でも、社会の中で生きる困難さを体験していく中で、「自分は発達障害かもしれない」と疑いを持つ人が増えています。大人の発達障害は、どのようなものなのか、原因や種類について理解し、向き合っていくことが大切です。

続きを読む